最新記事

外反母趾とは、足の親指が内側に曲がってしまう症状のことです。
重症になると強い痛みがあり、歩くことも困難になってしまう場合さえあります。
大きな原因のひとつとして、足に合わない靴を長時間はくことが挙げられます。
外反母趾は女性に多い傾向があります。
これは、女性は男性に比べて関節が柔らかく、もともと関節の変形が起こりやすいことに加え、はきごこちよりファッション性を優先して靴を選ぶ人が少なくないことが理由のようです。
特にヒールの高い靴は足が前にすべりやすく、爪先が圧迫されるため、外反母趾になりやすいとされています。
予防のためには、足に負担のかかる靴を長時間はかないこと、長時間はかなくてはならない場合は専門店などに相談し、足に合った靴を選ぶことが必要です。

足利市の頼りになる整骨院

FRAVOR×PORTER ハローバック

大阪で人気の高級中華料理店の口コミ、ランキング☆